夫婦関係

夫のテレワーク(在宅勤務)で妻は限界!?少しの工夫でイライラ・ストレスを解消!

夫のテレワーク(在宅勤務)で妻は限界!?少しの工夫でイライラ・ストレスを解消!

なかなか終わりが見えない「外出自粛」の中で、学校は休校、仕事はテレワーク(在宅勤務)で、家族が一日中家にいるという光景が当たり前になってしまいました。

「いつも忙しい夫が家にいてくれるのはいいかも」と思っていたのもつかの間、いくら仲の良い家族でも、四六時中家の中に閉じ込められると、息苦しさを感じるのではないでしょうか。

通勤がなくなった分、時間があるはずなのに、家事育児の分担は変わらない。それどころか、夫の食事を3食用意したり、食器洗いや掃除の手間など、これまで以上に主婦の負担が増えているのが現状です。

それが原因で常にイライラし、ストレスを発散するがごとく、毎日のように喧嘩する。コロナのせいで離婚寸前、なんていう夫婦も多いのです。

この記事では、あなたが今感じているイライラやストレスとどう向き合えばいいのか、解説していきます。あなたと同じ悩みを持った主婦は日本中にいます。決してあなた一人だけではないので安心してください。

夫のテレワークで妻はイライラ!?妻たちの悲痛な叫び

夫のテレワークが始まって以降、夫婦喧嘩が増えたという相談が私の元に舞いこんでいます。

友達同士で愚痴を言い合ってストレス発散している人も多いようですが、離婚寸前まで追い込まれている方は、私のようなカウンセラーに相談してきます。

では、どのような相談が多いのでしょうか。以下では、その一部をご紹介します。なお、個人が特定されないよう、少しニュアンスを変えています。


●ずっと家にいるのに仕事ばかりしている夫にイライラ(20代 主婦 Kさん)

「結婚1年目ですが、夫の仕事は残業ばかりで、休日出勤も当たり前でした。だから、在宅勤務になって、家にいてくれるのはとても嬉しい・・・と思ったのも最初の1週間だけでした。外出もできないため、ずっと夫と家で二人きり。それなのに、夫は食事と睡眠以外は、ずっと仕事をしています。
在宅で仕事するから、前よりも仲良くなれると思ったのに、これじゃあ以前のほうがマシでした。早く元の生活に戻りたい!


●食事を考え作ることが苦痛(30代 主婦 Mさん)

普通に出社していた時、旦那の食事は朝だけ用意すればよく、ランチと夕飯は外で済ませることがほとんどでした。でも、テレワークになってからというもの、3食すべて用意しなければならず・・・。
もう献立を考えるのが面倒。昼の残り物を夕飯に出すと、夫は「またこれか」と言わんばかりの顔をします。食事以外にも、仕事は山ほどあるのに。まったくこっちのことをわかってくれません。


●夫が家事をまったく手伝わない(40代 パート Yさん)

私はスーパーでパートとして働いているので、なかなか休むわけにはいきません。夫はテレワーク勤務になり、かなり時間に余裕があるように見えます。それなのに、まったく家事を手伝う気配がないのです。私が出かける前、簡単な掃除と洗濯を頼んでも、帰宅後家の中は全然きれいになっていない・・・。
なんでやってくれないのと問いただせば、「俺も仕事が忙しい!」の一点張り。最近どんどん夫婦の会話が減っていき、夫の顔を見ることが嫌になってきました。


●家計の話をまともに聞いてくれない(30代 派遣社員 Hさん)

コロナの影響で私は派遣をクビになりそうです。夫の仕事はサービス業であるため、コロナの影響で少し下がっていますが、かろうじて暮らせるだけの給料は出ています。
そのため、今後どうやって生活していくか、ローンや節約の話をしたいと思っています。でも、これを話題にすると、夫は不機嫌になり「疲れているから後でね」とまともに取り合ってくれません。こんな夫の態度に毎日イライラしてます。


●見えてしまった夫の意外な一面(50代 主婦 Tさん)

一般的に見れば、大企業と言われる会社に勤める夫。会社では部下も多く、忙しそうにはしていたものの、一切仕事を家には持ち込まない人でした。それがテレワークが始まって以降、電話で部下らしき人を怒鳴ったり、独り言をブツブツ言いながらパソコンとにらめっこしたりと、結婚してから20年、夫の知らなかった一面を目撃しています。
家では寡黙だったため、とても驚きました。定年退職して、ずっと家にいることになったら、こうした態度を私に向けてくる可能性があるかも・・・と考えると今から老後の生活が不安でしかたありません。


いかがでしょうか。家庭の事情はそれぞれ違うとは思いますが、似たようなイライラやストレスを感じている方は多いのではありませんか。

テレワークで「したくもない夫婦喧嘩」が増えた

テレワーク導入は、これまでの家庭生活を一変させてしまったように感じています。

もちろん、テレワークが始まって以降、一緒に過ごす時間が多くなったため、前よりも仲良くなったという夫婦もいるでしょう。

でも、逆に喧嘩が増え離婚寸前という夫婦も珍しくありません。

現在、私は電話とメールでのみ、相談を受け付けていますが、コロナ以前よりも「夫婦喧嘩が絶えない」という相談が増えました。

それぞれ理由は異なりますが、共通しているのは、コロナのせいで「家に閉じ込められていること」が大部分を占めているように思います。

テレワークや外出自粛は、ワクチンなどが開発されコロナウイルスが収束すれば、いずれ解消されていくでしょう。そうなれば、以前のような生活に戻れるはずです。

でも、この時期に夫婦関係に深い溝ができてしまえば、コロナが終わっても、簡単に元に戻ることはないのです。

現在、イライラやストレスを感じている方、「今はまだ大丈夫」なんて甘く考えていてはいけません。

ストレス・イライラを減らすための4つの心構え

いくら新型コロナウイルスのせいだとは言い聞かせても、実際に感じているストレスやイライラをなしにすることはできません。

少しでもそれらを減らし、うまく付き合っていくことが大切です。

夫のテレワークで感じているストレス・イライラを少しでも減らすための「4つの心構え」をみなさんに伝授します。

1.テレワーク用の「生活リズム」を作っていく

在宅勤務が始まって、一番の問題は「生活リズムが乱される」ことです。

これは夫婦どちらにも当てはまります。

(専業)主婦であれば、日中家にいないはずの夫がいる。夫からすれば、オフィスで仕事をするはずが家でしなければならない。

夫婦お互いが、これまでの「生活リズム」を崩されているのです。

そのため、テレワーク用の「規則正しい生活リズム」を作っていく必要があります。

  • 就寝・起床時間の管理
  • 仕事のオン・オフの切り替えスイッチを作る
  • 運動する時間を設ける
  • パソコン、スマホを触る時間を決める
  • 家事・育児の役割分担

家で過ごすことが多くなると、オンとオフがごちゃごちゃとなり、生活が乱れがち。

そのため、夫婦で話し合いながら、お互いが無理のなり「安定した生活習慣」を心がけてみてください。

規則正しい生活は、体の免疫力を高め、感染予防にも役立ちます。

スケジュールの目的は、管理ではなく、お互いの時間を邪魔しないことだと考えておくのがベターでしょう。

2.要求する前に相手のことを理解する

主婦の相談を受けていて、同じような質問を受けます。それは「夫が全然私の言うことを聞いてくれない。どうしたらいいでしょうか?」というものです。

私の答えとしては、「相手も同じことを思っているはずです。まずは相手を受け入れることから始めてください」となります。

たしかに、テレワークで夫が家にいることが多くなったでしょう。通勤時間も減り、以前に比べれば時間に余裕があるのも事実かもしれません。

だからと言って、今までやってこなかった家事や育児を急にやれと言われても、男性も困ってしまうのではないでしょうか。相手の立場や言い分もよく理解してあげる必要があるのです。

その上で、相手の無理のない範囲で少しずつ、お願いをしていきましょう。

さらに、あなたから先に相手の要求を受け入れてあげることで、こちらからのお願いもしやすくなります。

ただし、「相手のペースに巻き込まれすぎない」ように注意も必要です。

相手の言うことばかり聞いていると、あなたのペースが乱され、結果としてストレスを溜めることになります。

お互いの立場を尊重し、無理のない範囲でやっていくようにしましょう。

3.過剰な期待をしない

これは「2.」とも関連することですが、相手に要求はしても、過剰な期待をするのはやめましょう。

いくら家にいるからといって、相手があなたの思い通りに動いてくれるはずがありません。

また、自分がやっているレベルの家事を相手に要求することも無理な話です。あなたにも苦手なことがあるはず。できないものはできない、と諦めることも大切なのです。

期待をしすぎると、その度に裏切られ、イライラが始まり、夫婦喧嘩が勃発・・・なんていうことになりかねません。

「これくらいまでやってくれたらラッキー」という具合に、相手に対する期待値を下げておくことと、イライラやストレスを減らすことができます。

4.完璧を手放す勇気を持つ

テレワーク、休校が始まって以来、主婦の負担が一気に増えました。

ただでさえやることが増えているのに、「家族が感染しないように掃除を徹底する」「免疫力が低下しないよう栄養のある食事を作る」など、頑張りすぎていませんか。

繰り返しになりますが、新型コロナウイルスとの戦いは長期化する可能性が高く、しばらくこの状況が続くことを覚悟しなければならないでしょう。

そのため、今から張り切りすぎてはすぐに息切れしてしまいます。あなたが体調を崩してしまったら大変です。

決して自分を追い込まないでください。苦しんでいるのはあなただけではありません。

「完璧を目指さず、できる範囲でやっていく」

こう自分に言い聞かせることで、少し気持ちが楽になりませんか。大変な時期だからこそ、自分を甘やかし、許してあげることが何よりも大切なのです。

感じたことには素直に向き合う−あなたの未来を考える機会に

最近、テレワークの影響で夫婦仲が険悪になったという相談を受けることが本当に多いです。

「このまま夫と暮らしていけるのか不安」だと、正直に告白してくれる女性もいます。

最終的にどうするのかについては、ご本人が決めることなので「離婚すべきか否か」について私がアドバイスすることはありません。

ただ、現状を考えた場合、今すぐに離婚をすることは、賢明ではないでしょう。

今あなたがすべきことは、離婚するかどうかを決めるのではなく、夫に感じてしまったイライラやストレスについて、しっかりと向き合うことです。

自分の感情に嘘はついてはいけませんが、一時的な感情に流されるべきでもありません。

大切なのは、現状を踏まえ「これからどうしていきたいのか」を考えていくことです。

その結果、このまま夫婦でいると決めるのもいいでしょう。一度夫婦の関係性を見直すのもいいでしょう。将来的に離婚を考えるのもいいでしょう。

今の状況を「将来を真剣に考えるチャンス」だと考えてみてはいかがでしょうか。