浮気調査

専業主婦は浮気されやすいって本当?夫に浮気の疑いがある場合の対処法は?

専業主婦は浮気されやすいって本当?夫に浮気の疑いがある場合の対処法は?

専業主婦の妻は、仕事をしている妻よりも「浮気されやすい」という話を聞いたことがありますか?

理由はいくつかありますが、一番は「経済的に自立していないから」と言わざるを得ません。

専業主婦は家事や育児、夫の身の回りの世話など数多くの仕事をこなしています。

しかし、これらの仕事には当然給料がないので、経済的には夫の収入に依存することになります。

こうした妻が経済的に弱い立場にいるから、「浮気したくらいですぐに離婚なんてことはないだろう」と考える男性がいるのです。

しかし、専業主婦が浮気されやすいのには、他にも理由があります。

この記事では、専業主婦が浮気をされやすい理由について詳しく解説していきます。
これを知っていれば、未然に浮気を防ぐこともできますよ。

専業主婦が「浮気されやすい」理由とは

専業主婦が「浮気されやすい」理由とは

妻が専業主婦の場合、共働きよりも「夫に浮気されやすい」と聞いたことがある人も多いでしょう。

もちろん、これには統計データのようにはっきりとした数値が出ているわけではありません。

しかし、専業主婦には「浮気されやすい」いくつかの理由があるのです。

以下では、代表的な3つの理由を解説していきます。

理由1:経済的に自立していないから

収入の格差があるにせよ、夫婦共働きの家庭では、どちらも経済的に自立しています。

そのため、どちらか一方が浮気でもすれば、すぐに離婚という選択をすることができます。

しかし、専業主婦の場合はそうはいきません。

専業主婦は夫の収入で生活しているため、経済的に自立できないのです。

そのため、夫は「浮気されてもすぐに離婚するなんて言わないだろう」という安易な考えから、浮気に走る人がいるのです。

もちろん、こんな考えは許されるはずはありませんが、こう考える男性が少なくないのもまた事実です。

専業主婦の中には、働いていないことに後ろめたさを感じ、「夫の言いなり」になっている女性が大勢います。実際、私の元に相談に来る女性の中には、何年もの間、夫の浮気に悩まされているという人もいます。
何年も浮気を続けているような人が更生するのは難しいでしょう。ただ、すぐに離婚しないようにもアドバイスしています。そのまま離婚してしまえば、路頭に迷うことになるからです。

理由2:依存が強くなり束縛が厳しくなりやすいから

夫が外で働いている間、専業主婦は家事や育児をこなすため「家にいる時間」が多くなります。

そのため、外との接点が少なく、生活のすべてが「家だけ」で完結してしまいがちです。

このことが原因で孤立や不安を感じてしまう人もいるのです。

このような状態が長く続けば、夫や子供に依存するようになり、自分の思い通りにしようと束縛が厳しくなっていきます。

束縛が厳しくなれば、夫は息苦しさやストレスを感じるでしょう。それらを発散するために、浮気へと走ってしまう人もいるのです。

理由3:夫の仕事を理解することが難しいから

外で働く夫は、様々なストレスや悩みを抱えています。

会社の業績や人間関係、出世や昇級など・・・会社で働いていない人にはわからないことも多いでしょう。

男性は自分のことを理解し支えてくれる人を常に求めています。

ただ、専業主婦である妻では、仕事のことまで理解することは難しいのが現実です。

下手に口を出せば「お前に何がわかるんだ!」と言われかねません。

仕事の悩みやストレスを一番わかってくれるのは、職場の人間です。

忙しい仕事であれば、家よりも職場で過ごす時間が長い場合もあり、職場でより濃密な人間関係距離が近くなりがちです。

同僚の異性と相談を重ねるうちに親密な関係になり、男女の関係へと発展する・・・というのは、よくある浮気のパターンです。

男性は必ず浮気をするもの!?

妻が専業主婦だからといって、必ず浮気をされるとは限りません。

同様に、世の中のすべての男性が、浮気をするとは限らないのです。

しかし、ほとんどの男性はきっかけさえあれば、浮気をしてしまうものだと考えておくべきでしょう。

長年、夫婦問題カウンセラーをしてきましたが、いくら妻や家庭を大事にしていても、「1人で過ごす時間が欲しい」と思うものです。

妻も働いていれば、家で1人になる時間もありますが、専業主婦ではそうはいきません。

家で1人になりたいと思っても難しいのが現実です。

  • 1人でくつろぐことができない
  • 休日には家族サービスを迫られる
  • 子供の面倒をみなければならない

など、うまく息抜きをする時間が作れなければ、家にいることが窮屈に感じるようになってしまいます。

その結果、息抜きやストレス発散で浮気に走ってしまいます。

最初は遊びのつもりでも、些細なことで本気の浮気になってしまう恐れもあるのです。

夫が浮気していると思ったらどうすればいい?

夫が浮気していると思ったらどうすればいい?

これまで説明してきた通り、専業主婦は働いている妻に比べ、浮気をされる可能性が高いです。

しかし、同時に家にいることが多いため、夫の身の回りや些細な変化に気付きやすいとも言えます。

もしあなたが「夫が浮気しているかも・・・」と感じたら、その予感は正しいと考えるべきです。

急に残業や飲み会が増えるのは浮気の兆候

「残業や飲み会が増える」というのは、浮気の代表的な兆候です。

「残業や飲み会」という口実は、浮気相手とデートやラブホテルに行く際によく使われるのです。

特に、これまでほとんどなかったのに「急に残業や飲み会で帰りが遅い日が増えた」としたら浮気を疑ってください。

もし本当に残業で会社に残っていたとしても、浮気相手が会社の人である可能性があります。

他の社員が帰った後で「オフィスラブ」を楽しんでいるというのは、よくあるパターンなのです。

浮気の疑いがあってもすぐに問い詰めてはいけない!

夫に浮気の兆候が見られたからといって、すぐに問い詰めることはNGです。

そもそも、浮気をする人は問い詰められたくらいで素直に認めることはありません。

その態度に腹を立て、さらに感情的になって問い詰めたとしても、逆ギレされるのがオチです。

実際、問い詰めたことが原因で夫婦関係が悪化し、「浮気を証明できないまま離婚」という最悪な結果になる人も大勢いいます。

しばらく泳がせるのがベターなのか

すぐに問い詰めることは絶対にNG行動ですが、「しばらく様子」を見るというのも非常に危険です。

男性が浮気をする場合、「セックス」が一番の目的であり、遊びや息抜きの感覚で浮気を楽しんでいます。

しかし、時間が経てば経つほど、浮気相手との関係は深いものになり、遊び目的だったものがいつの間にか「本気の恋愛」に発展してしまうものです。

「まだ浮気が確定したわけではないから、尻尾を出すまで泳がせてみるか」などと、甘く考えていては、後々取り返しのつかない事態になってしまうのです。

専業主婦だからこそ早めの浮気調査

夫に浮気の疑いがある場合、早い段階で浮気調査をして事実をはっきりさせることが重要です。

自分に自由に使えるお金がないという理由で、浮気調査を躊躇してはいけません。

探偵に浮気調査を依頼して、白黒はっきりさせるべきなのです。

復縁・離婚どちらの場合も証拠が必要

浮気調査の目的は、離婚して慰謝料を請求するだけではありません。

復縁をするためにこそ浮気調査が必要です。

探偵は対象者を尾行・張り込みをして、浮気現場をほぼ確実に撮影できます。

探偵の集めた証拠を夫に見せながらあなたの思いを伝えれば、夫は浮気を認め謝罪してくれるでしょう。

夫が心から反省すれば、夫婦関係をまた築いていくこともできるのです。

探偵に浮気調査を依頼すれば、数十万はかかります。私も決して安い金額だとは思いません。
しかし、浮気が進行することで訪れる様々なリスクを考えれば、支払う価値はあります。
また、離婚しなくても浮気相手にだけ慰謝料を請求できるので、調査費用は十分回収が可能だということを覚えておいてください。

手遅れになる前にまずは無料相談

浮気を放っておけば、いずれ本気になります。

浮気相手に本気になった夫から離婚を切り出されたら、どうあがいても離婚せざるを得ないでしょう。

財産分与や養育費があるとしても、必ずもらえるという保証はないのです。

実は、探偵に浮気調査を依頼する人の内、80%以上は「復縁」を希望しています。

もちろん、浮気をしたという事実は消えることがなく、すぐに許されることではありません。

しかし、一時的な感情に任せ離婚を選択すれば、困るのはあなた自身です。

どちらを選ぶにせよ、冷静に判断する必要があります。

そのためにも、まずは一度探偵に相談することを私はおすすめしています。

大手の探偵事務所なら、夫婦問題専門のカウンセラーも在籍しているため、様々な相談が可能です。

浮気は1人で抱え込まないでください。

まずは「お悩み相談」という気持ちで探偵に無料相談をしてみてはいかがでしょうか。


浮気調査の実績多数!信頼できる探偵事務所

総合探偵社TSはこちら

\ 今すぐ電話で無料相談 /
0120-304-029