浮気

出会い系サイトの利用は浮気にならない?夫(妻)が出会い系を使う理由と対処法

出会い系サイトの利用は浮気にならない?夫(妻)が出会い系を使う理由と対処法

たまたま夫(妻)のスマホをのぞき込んだら、「出会い系サイトやアプリを発見」というのはよく聞く話です。

いくら夫婦とはいえ、スマホはプライベートの塊であり、何をやっているかわからないものです。

出会い系アプリを入れている人は、間違いなく浮気しているでしょう。

しかしながら、出会い系サイトやアプリを利用しているだけでは、法的には「浮気」とは言えないのです。

もしあなたのパートナーのスマホに出会い系アプリを発見したら、しっかりと準備をした上で、対処しなければなりません。

この記事では、夫(妻)が出会い系サイトを利用する理由、利用が発覚した時の対処法について解説していきます。やり方を間違うと、取り返しのつかない事態になりかねないので、しっかりと読んでから実践してください。

出会い系サイトの利用は浮気になる・ならない?

自分の夫(妻)が出会い系サイトを登録していたとしたら・・・想像もしたくないことです。

当然、出会い系サイトを利用すれば「浮気」になると思うでしょう。

たしかに、普通の感覚で言えば、間違いなく浮気になります。

しかし、そう言い切ることができない事情があるのです。

利用しているだけでは浮気とは言えない

実は、出会い系サイトを利用しているだけでは、法的には「浮気」とは言えません。

法的に浮気とは、「不貞行為があること」を指します。つまり、肉体関係がなければ浮気とは認められないということです。

実際、出会い系サイトを使っていることがわかり、夫(妻)を問い詰めたとしても「ただの暇つぶし」などと言い逃れをされてしまうでしょう。

くやしいでしょうが、うやむやにされてしまうのがオチです。

「出会い系」だけではない!?ネットは出会いの宝庫

もちろん、夫(妻)が素直に認め、「出会い系サイト」を利用しないと約束してくれる場合もあるでしょう。

しかしながら、ネットでの出会いはなにも「出会い系サイト」に限った話ではありません。

SNSやゲームアプリなど、一見そうは見えないものが「出会い系」のように機能しているものがたくさんあるのです。

こうしたものには、メッセージ機能もついていることが多く、メールや電話を使わなくても相手と連絡をとることができてしまいます。

そのため、出会い系サイトを利用しなくなったとしても、SNSやゲームアプリを使って異性との出会いを求めているということも十分に考えられます。

出会い系を利用するほどの人なら、どんな手段を使っても、出会いの場を探し出すでしょう。

インターネットには、いくらでも出会いの場が用意されているのです。

夫(妻)が出会い系サイトを利用する理由

夫(妻)が出会い系サイトを利用する理由

そもそも、なぜ結婚しているにもかかわらず、出会い系サイトを利用するのでしょうか。

理解できない人も多いでしょう。

まずは、出会い系を利用する人の心理状態を理解することが大切です。

生活がマンネリ化し刺激を求めているから

出会い系サイトの目的は、「新たな異性との出会い」です。

結婚生活が長くなればなるほど、どうしても夫婦関係はマンネリ化してきます。

夫婦関係がマンネリ化してくれば、「刺激が欲しい」「独身時代のように遊びたい」など思うようになるでしょう。

最初は「メールくらいなら・・・」という気持ちで出会い系に登録してしまうのです。

もちろん、メッセージのやりとりだけで満足できればいいですが、それで済むはずがありません。

仲良くなっていけば、実際に会いたくなってしまうものです。

ネットでの出会いとはいえ、仲良くなった異性と会いたくなるのは自然なことですよね。

出会い系で浮気に発展した夫婦の話を聞くと、「最初はちょっとした遊びのつもりだった」と口をそろえて言います。実際に会ったこともない相手に、本気になるとは少々考えにくいものです。しかし、直接会ったことがないからこそ、逆に妄想がかき立てられ、妄想が肥大化してしまうのかもしれません。中には、会ったこともない相手にお金を貢いでいたという相談者もいました。

パートナーや家庭に不満があるから

結婚生活が長くなれば、パートナーや家庭に対する不満も多くなるでしょう。

こうした不満も出会い系サイトを利用する理由となります。

以下のような項目に、心当たりはありませんか?

  • 夫婦の会話やコミュニケーションが減った
  • 専業主婦なのに家事をしっかりしてない
  • 夫が仕事を理由に家事や子育てを手伝わない
  • 誘っても全然セックスをしてくれない
  • 今後の生活に漠然とした不安がある

不満が積もり積もっていけば、家庭の外に理解者を求め、浮気に走ってしまうというわけです。

パートナーや家庭の不満が多ければ多いほど、浮気相手にのめり込んでしまう可能性も高いと言えるでしょう。

出会い系サイトの利用は「浮気の兆候」と見て間違いない

出会い系サイト・アプリを発見したからといって、すぐさま不貞行為があったと断定することはできません。

しかし、出会い系を利用しているということは、浮気の兆候であることは間違いありません。

同時に、出会い系サイトの利用は「夫婦関係の危機」とも言い換えることができるため、発覚したらすぐに対処をしなければいけません。

出会い系を使っていることがわかった場合の対処法

出会い系サイトの利用が発覚した場合の対処法

では、夫(妻)が出会い系サイトを利用しているとわかったら、どうすればいいのでしょうか。

すぐに責めたり問い詰めたりはしないこと!

出会い系を使っていることがわかれば、パートナーを責めたり問い詰めたくなるものです。

気持ちはとてもよくわかりますが・・・絶対にやってはいけないことです。

問い詰めたりすれば、相手も素直に認めることができず、言い訳や逆ギレをします。

男性の場合、感情的になり暴力を振るう可能性もあるでしょう。

そうでなくても、いきなり責め立てれば、その後の関係修復が困難になることは目に見えています。

ゆっくりと今後について少しずつ話し合う

やるべきことは、今後について冷静に話し合いをしていくことです。

ただし、発覚直後は、気が動転しているため、お互いに冷静に判断できません。

あなた以上に、出会い系がバレたパートナーの方が気が動転しているものです。

そのため、少し落ち着いてから話を切り出すようにしてください。

あえて、その話題には触れず、少し期間や距離をおくのも良い手段です。

そして、話し合う際は、感情的にならず、あなたの気持ちを淡々と話しましょう。淡々と話すことで、真剣に話しているということが伝わります。

真剣さが伝われば、素直に悪いことだと認め、謝ってくれるのです。

出会い系サイトは簡単にはやめられない

話し合いがうまくいき、相手が反省し謝ってくれたとからひと安心・・・と思っていませんか?

出会い系サイトの利用は、「浮気願望」の表れです。

夫婦カウンセラーである私の経験から言えば、出会い系サイトを一度でも使った人は、簡単にやめることはできません。

出会い系サイトは手軽に始められ、自宅に居ながらにして異性とのコミュニケーションを楽しむことができます。

このような便利なものだからこそ、依存症のようにはまってしまう人が多いのです。

早めの対処で様々な危険を回避できる

夫(妻)が出会い系サイトを利用していることがわかったら、早めに対処をすることで最悪の展開を回避することができます。

本気の浮気になることを防ぐことができる

先ほども説明した通り、出会い系サイトの利用は浮気願望の表れです。

「たかが出会い系サイトだから」と放っておけば、やがて「本気の浮気」へと発展してしまうでしょう。

肉体関係だけでなく、浮気相手に本気になり「夫婦関係の破綻」ということにもなりかねません。

そうなれば復縁などはまず不可能です。

早めに対処することで、浮気を未然に防ぐことができます。

もしすでに出会い系サイトを利用して誰かと会っている場合は、探偵に浮気調査を依頼して証拠をつかむべきです。

証拠があれば、浮気相手に慰謝料を請求することや接触禁止誓約書を書かせることが可能になります。

すでに大金をつぎ込んでいる可能性も・・・

一般的に男性の場合、出会い系サイトを利用するにはお金がかかります。

登録料だけでなく、メッセージや写真を閲覧するのにも課金が必要になるのです。

過去、私の元を訪れた人の中には、夫が出会い系にはまった結果、お金をつぎ込み、消費者金融に借金をしていたという相談もありました。

早めに気づき対処をすれば、出会い系サイトにお金をつぎ込むことを防ぐことができます。

しかし、パートナーが出会い系を利用しているなど、周りには相談しにくいものです。

そんなときこそ、探偵の無料相談を利用してください。

探偵になら何度でも無料で相談できるだけでなく、浮気調査のプロの目線から、的確なアドバイスを受けることが可能です。

まずはお気軽にお問い合わせください。