浮気

セックスレスが浮気の原因に!セックスレスになりやすい夫婦の特徴と解消法

セックスレスが浮気の原因に!セックスレスになりやすい夫婦の特徴と解消法

セックスレスに悩む夫婦は年々増えています。

今はそうでなくても、歳を重ねれば、多くの夫婦が直面しますが、多くの人はそれほど深刻に捉えていません。

しかし、セックスレスは法律で「離婚事由」として認められるほど深刻なものです。

放置しておけば、夫婦関係の破たんにもつながる重大な問題なのです。

実際、セックスレスは夫婦関係の破たんにつながるだけでなく、浮気の原因にもなり得るのです。

特に、セックスレスの状態で、パートナーに怪しい行動が見られたら「浮気をしている」と考えてまず間違いありません。

そうならないためには、どうすればよいのでしょうか。

この記事では、「セックスに対する男女の認識の違い」から「セックスレスになりやすい夫婦の特徴」、そして「セックスレスの解消法」まで徹底的に解説していきます。
現在、セックスレスで悩んでいる方は、ぜひとも参考にしてみてください。

「セックスレス」はどのような状態?

「セックスレス」について、みなさんはどのような状態をイメージしますか?

日本性科学会の定義によると「特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが一ヶ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合」とされています。

セクシャル・コンタクトには、キス、ハグなどのスキンシップが含まれています。

そのため、1ヶ月性交渉がないからといって、直ちに「セックスレス」ということにはなりません。

もちろん、夫婦の性に対する考え方は様々です。

キスやハグなどがなくても、夫婦が仲良く過ごしていれば問題はありません。

しかし、カウンセラーとして一言言わせてもらうと、スキンシップが一切ない夫婦は長続することはないでしょう。

法的に夫婦と名乗っていても、その中身は家庭内別居と変わらない生活を送っているのです。

スキンシップは、夫婦生活にとって必要不可欠です。

妊娠・出産をきっかけにセックスレスになる夫婦は非常に多い

結婚当初はラブラブだったのに、気づいたらセックスレスになる夫婦がほとんです。

セックスレスになるきっかけとして、もっとも多いのが「妊娠・出産」です。

実は、出産をした女性は「ホルモンの関係」で性欲がわきにくくなるのです。

妊娠中は、女性ホルモンが多く分泌されていますが、出産後には大幅に減少してしまいます。

その代わりに、母乳の分泌を促すホルモンである「プロラクチン」が増加するのです。

こうしたホルモンバランスの乱れが原因となって、夫が求めてもセックスを拒否するようになってしまいます。

その一方、男性の中には「出産を機に妻を“母親”としか見られなくなった」という人が多くなります。

出産前までは、女性として見れていた自分の妻が、急に女性として見られなくなってしまい、性的な魅力が失われるというわけです。

このように、女性の体の変化・男性の心情の変化により、これまでの夫婦関係ではいられなくなり、セックスレス状態に陥ってしまうのです。

これは、どんなに自分に言い聞かせても、簡単に変えられるものではありません。

セックスレスは「浮気の原因」になりやすい

子供が生まれれば、どうしても生活の中心が「子供」になっていきます。

上で説明した夫婦のお互いの問題が解決されても、そもそも「セックスをする時間も余裕もない」というのはよくある話です。

もちろん、夫婦が協力してセックスレスを解消していくことができれば一番です。

しかし、セックスレスが長い期間続いてしまうと、どのように解消すればいいかわからなくなります。

お互い仲良くしようと努力しても、うまくいくケースばかりではありません。

その努力が報われなければ、ストレス・性欲を溜めることになってしまいます。

いくらセックスレスだからといって、(特に男性の場合)性欲がないわけではないのです。

はっきり言ってしまえば、パートナーに性的興奮をしないというだけなのです。

うまくセックスレスが解消できない状態が続き、我慢の限界に達すると、外に相手を求めることになるでしょう。

セックスレスが原因で浮気をする夫

セックスレスが原因で浮気に走るのは、圧倒的に男性が多くなっています。

では、浮気をしてしまう男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

外にセックスを求める男性

先ほども言いましたが、セックスレスの状態だからといって、「性欲」がなくなるわけではありません。

生物学的に見て男性は「多くの子孫を残したい」という欲求があり、たくさんの女性と肉体関係を持ちたいと考えてしまいます。

外で魅力的な女性に会えば、性欲を抑えることができないのです。

男性は愛情がない女性とでもセックスをすることができるため、機会があればすぐに浮気をしてしまいます。セックスレスの状態ならなおさらです。

この男は生物学的に見て性欲を抑えられず・・・という理論は、私は長年疑問に思っていました。人間なんだから、自分の性欲くらいコントロールできるだろう、と考えていたのです。
しかし、自分の浮気による離婚を経験し、数多くの浮気に悩む女性の話を聞いていくと、やはり男性は性欲を抑えられないのだろうという結論に至りました(もちろん、すべての男性がそうだとは言いませんが)。

風俗で性欲を発散している可能性も

「うちの旦那に限って浮気なんかしないから」と安心してはいけません。

浮気相手がいなかったとしても、風俗に通っている可能性はあります。

実は、風俗は浮気にならないと思っている男性がいますが、パートナー以外と性的関係を持つという点で、風俗も不貞行為に該当します。

しかしながら、風俗店で働く女性は客(夫)が「既婚者かどうか」判断できないため、慰謝料請求などはできません。

また、風俗通いは「他の女性とセックスをしたい」という願望のあらわれです。

時間が経過すれば、風俗だけでは満足できず、やがて風俗以外の女性とも関係を持つようになる可能性が高いのです。

セックスレスが原因で浮気をする妻

他方で、セックスレスで浮気をしてしまう男性だけではありません。

女性であっても、セックスレスが原因で浮気をする人がいます。

その特徴を見ていきましょう。

精神的な癒しを求める女性

女性にとってのセックスは、性欲を発散するだけが目的ではありません。

女性はセックスをすることで「愛されている」と実感することができ、肉体的・精神的な満足感を得ることができるのです。

その点で、男性よりもセックスが重要な役割を果たすとも言えます。

そのため、セックスレスの状態では、自分が夫から愛されているのか不安になってしまうというわけです。

この状態が長く続けば、寂しさに耐えられず、精神的な安定のために、他の男性を求めてしまいます。

こうした理由により、女性の浮気は「本気」になりやすいと言われるのです。

年齢を重ねるにつれ女性の性欲は高まる

セックスレスは、男性・女性の性欲の増減もかかわっています。

男性の性欲は、20代がピークで、その後は減少していくと言われています。

その一方、女性は30〜40代と徐々に性欲が高まっていくのです。

歳を重ねた妻からセックスを求めても、夫が性欲減退を理由に断ることも少なくありません。

若い頃には、信じられない性欲の逆転が起きてしまうのです。

この「性欲のズレ」が、セックスレスを引き起こす大きな原因になることもあるのです。

セックスレスになりやすいのはどんな夫婦?

セックスレスになりやすいのはどんな夫婦?

セックスレスは、すべての夫婦がなるわけではありません。

長年、夫婦カウンセリングをしてきた経験から言えば、セックスレスになりやすい夫婦には特徴があるのです。

  1. 関係がマンネリ化している
  2. それぞれ仕事をして自立している
  3. お互いを「異性」として見れなくなっている
  4. 性欲の「ズレ」がある

以下では、これらについて詳しく解説していきます。

1.関係がマンネリ化している

どんなに愛し合って結婚しても、結婚生活が長くなれば関係がマンネリ化します。

これは仕方のないことです。

関係がマンネリ化すると、デートやセックスが盛り上がらず、徐々にお互いを求めなくなってしまいます。

マンネリ化がひどくなれば、セックスに対して嫌悪感を抱く夫婦も少なくありません。

お互いの顔を見るのも嫌・・・という段階になれば、もう手遅れだと言っていいでしょう。

2.それぞれ仕事をして自立している

共働きの夫婦は、セックスレスになりやすい傾向があります。

特に、お互い仕事を持ち、充実した生活を送っていれば、徐々に「家庭の重要性」や「夫婦で一緒に過ごす必然性」を感じなくなっていくでしょう。

寝る時間なども合わなければ寝室も別になり、どんどんセックスをしなくなっていくというわけです。

3.お互いを「異性」として見れなくなっている

夫婦生活が長くなると、お互いを異性として見れなくなっていきます。

この場合、必ずしも夫婦関係が悪くなっているというわけではありません。

家族として大切に思う気持ちはあるものの、セックスをする相手ではなくなっていくということです。

子供が大きくなればなるほど、こうした理由でセックスをしなくなる夫婦は非常に多くなっていきます。

4.性欲の「ズレ」がある

性欲の「ズレ」もセックスレスの大きな原因です。

一番多いのが、夫の性欲が強く、妻の性欲がないというケースです。

これではお互いセックスをするタイミングが合わなくなります。

しかし、年齢を重ねるごとに、女性の性欲が増し男性の性欲が減少するので、立場が逆転する可能性が高くなります。

性欲のズレがあれば、自分の性欲を満たせる相手を求め、浮気をするのは目に見えています。

浮気をした結果、セックスレスになることも多い!

セックスレスは浮気をする原因となりやすいですが、逆に「浮気をしたことでセックスレスになる」というケースもあることを忘れてはいけません。

パートナー以外に性欲を満たす相手がいれば、夫婦でセックスをする必要がなくなります。

特に女性にとってのセックスは、性欲だけでなく心も満たしてくれる大切な行為です。

理由なく妻の方からセックスを拒否している場合、夫以外の男性がいる可能性が非常に高いと考えるべきです。

どちらにしても、これまでセックスを求めてきたパートナーが急に求めてこなくなったら要注意です。

ほぼ間違いなく、浮気していると断言してもいいでしょう。

セックスレスを解消するにはどうすればいいの?

セックスレスを解消するにはどうすればいい?

浮気の原因になりやすいセックスレス。

お互い心の底から納得し、夫婦関係に満足していればいいですが、そんなケースは稀です。

セックスレスの状態は、必ずどちらかが不満を持ってしまっているものです。

では、セックスレスになってしまった場合、どのように解消すればいいのでしょうか。

セックスレス解消のためにすべきこと

セックスレスになる原因は様々ですが、大きな原因の1つに「お互いを異性として意識できなくなっている」ということがあります。

それを解消するためには、以下のようなことを心がけて実践していってください。

  • 日常的に夫婦のスキンシップを増やしていく
  • 子供を預けて2人で過ごす時間を作る
  • お互いの性的嗜好について話し合ってみる(シュチュエーションなど)
  • 仲の良い友人に相談して、どんなセックスをしているのか聞いてみる
  • 家ではなくラブホテルなどを利用してみる

重要なポイントとして、「いきなりセックスをしようと思わない」ということです。

そもそも、セックスレスの夫婦は、コミュニケーションやスキンシップが不足しているケースがほとんどです。

つまり、「夫婦関係の見直し」から取り組まなければならないというわけです。

焦りはNG!少しずつゆっくりと

上記のような取り組みは、焦っておこなってはいけません。

セックスレスの解消は「ただセックスをすればいい」というわけではなく、夫婦関係の見直し・改善をしていく必要があります。

セックスレスの期間が長いということは、夫婦関係のズレも長い期間あったということであり、すぐに改善することなどできるはずがありません。

焦ってお互いの距離を詰めようとした結果、さらに夫婦の溝が深くなってしまうでしょう。

セックスレスを解消するには、少しずつゆっくりとおこなっていってください。

上記にあげたことすら難しいという人は、ただ会話をする場を増やすということから始めるといいでしょう。その場合、会話の内容に重きを置くのではなく、とにかく相手のことをよく観察してみてください。相手をよく観察することで、これまで気づかなかった相手の表情や仕草が見えてくるものです。
そうした部分に気付ければ、コミュニケーションにも変化が生じ、夫婦関係改善のなんらかの糸口がつかめるでしょう。

パートナーに浮気の兆候が見られたら

あなたがいまセックスレスの状態で、かつパートナーに浮気の兆候が見られたら、絶対に放っておいてはいけません。

「浮気をしているかも」という勘は、残念ながら高確率で当たっています。

そのため、すぐに対処しなければ、取り返しのつかない事態になってしまいます。

自分の「できる範囲」で調べてみる

パートナーに浮気の兆候が見られたら、まずは自分で調べてみてください。

ただし、相手に浮気を疑っていることがバレてはいけません。

バレてしまえば、証拠隠滅を図られ、浮気の証拠をつかめなくなる可能性が高くなります。

具体的に以下のものを調べてみてください。

  • パートナーの行動記録のメモ(残業が増えた、特定の曜日に帰りが遅いなど)
  • 財布やバックの中身(レシートや持ち物など)
  • クレジットカードの明細
  • 自動車の内部やカーナビ
  • パートナーのSNSのアカウント

スマホ(携帯)は相手にバレる危険が非常に高いので、おすすめはできません。

また、危険を冒して調べたとしても、それは決定的な証拠にはならないのです。

浮気の証拠とは、不貞行為(肉体関係)を証明するものでなければなりません。

証拠集めは必ず探偵に依頼すべき

不貞行為の証拠を集めるには、尾行や張り込みをして「ラブホテルに出入りする写真や動画」を撮影する必要があります。

しかし、これらの撮影は素人に簡単にできるものではなく、相手にバレる危険が高くなります。

本気で証拠を集めたいと考えるなら、探偵に浮気調査を依頼してください。

離婚を回避するためにこそ探偵に依頼する

浮気の証拠は離婚・慰謝料請求をする場合だけではありません。

夫婦関係を修復するためにこそ、浮気の証拠が必要なのです。

証拠があれば、パートナーは言い逃れができないため、素直に浮気を認め反省してくれる可能性が高まります。

また、浮気相手だけに慰謝料請求をし、「接触禁止を約束する誓約書」を書かせることも可能です。

探偵事務所には、夫婦問題の専門カウンセラーが在籍しているため、浮気調査だけでなく「離婚の回避・復縁」までサポートすることができます。

浮気問題は証拠の有無が、その後の展開を大きく左右します。

当サイトが紹介する探偵は、電話やメールでも相談を受け付けているので、一度お気軽に相談してみてください。