浮気

単身赴任中の夫は浮気しやすい!浮気を疑ったらするべきことは?

単身赴任中の夫は浮気しやすい!浮気を疑ったらするべきこととは?

「最近、単身赴任やたら多いと思ったら浮気していた・・・」という話はドラマや小説だけではありません。

単身赴任中の浮気というものは、「浮気あるある」なのです。

これまで全く女っ気のなかった人でも、単身赴任をきっかけに浮気に走るケースは非常に多いのです。

あるアンケートによれば、「単身赴任経験者の3人に1人」は浮気をした経験があると答えたほどです。

単身赴任と浮気は切っても切れない関係にあるのです。

なぜ単身赴任をすると男性は浮気をしてしまうのでしょうか。

この記事では、「夫が単身赴任で浮気をする理由」と「浮気を防ぐために妻がすべきこと」について詳しく解説していきます。もし現在進行形で浮気の疑っている方のために、その対処法もご紹介していきます。

単身赴任で夫が浮気をする理由とは

単身赴任で夫が浮気をする理由とは

家庭的で夜遊びもしなかった夫が、単身赴任をきっかけに浮気をしてしまう。

私もこれまで数多くの浮気の相談を受けてきましたが、多かれ少なかれ、単身赴任が絡んでいるケースがほとんどです。

相談に訪れた女性の多くが口をそろえて、「まさかうちの夫が・・・」と口をそろえて言うのです。

なぜ単身赴任中の夫は、浮気をしやすいのでしょうか。

私が考える理由としては、以下の3つです。

  1. 妻や家族と離れて暮らす寂しさを紛らわすため
  2. 浮気がバレにくい環境であるため
  3. 性欲を我慢することができないため

以下では詳しく解説していきます。

1.妻や家族と離れて暮らす寂しさを紛らわすため

今まで暮らしていた場所を離れ、見知らぬ土地で1人きりで生活をしていれば、誰もが寂しくなるものです。

単身赴任前まで妻や家族と一緒に暮らしていればなおさらでしょう。

愛する妻に対して罪悪感を抱きつつも、寂しさに耐えられず、気を紛らわしてくれる女性を求めてしまうというわけです。

このタイプの浮気は、顔やスタイルは関係ありません。

自分を受け入れてくれる「包容力」がある女性を好みます。

大きな声では言えませんが、「私よりもブサイクな女に浮気されてくやしい!」というケースもちらほら。

2.浮気がバレにくい環境であるため

妻の目の届かない場所では、夫は気持ちがゆるんでしまいがちになります。

単身赴任するまで浮気なんて絶対にしないタイプの夫でも、「バレる危険から解放」されただけで気持ちが浮ついてしまうのです。

妻と暮らしていれば、帰宅時間が遅くなることも気が引けるでしょう。しかし、単身赴任中であれば気にならなくなります。

単なる夜遊びから浮気へと発展するケースも非常に多くなっています。

監視の目がなければ、男は浮気をする・・・というのは少々言い過ぎかもしれませんが、単身赴任が多い場合は警戒をしておくべきでしょう。

3.性欲を我慢することができないため

多くの男性にとって、性欲があるのは自然なことです。性欲が溜まっていけば発散したいと思って、我慢がきかなくなってしまいます。

しかし、単身赴任中では妻と簡単に会うことはできませんよね。

そこで「身近にいる女性と肉体関係を持ってしまう」というケースが少なくないのです。

中には、風俗を利用する人もいますが、どちらにせよ、「妻以外の女性を求めている」という点で浮気に走る可能性は高くなります。

職場環境によって浮気の可能性が増大する!?

浮気の多くは「職場での出会い」がきっかけとなることはご存知ですか?

不倫は職場から始まる!会社で不倫をする人が多い理由とは?

もちろん男女がいる職場であれば、どこでも浮気が起こる可能性はあります。

加えて、以下のような職場の場合、その危険性がさらに高まるでしょう。

男女の比率が偏っている職場

「ほぼ男性しかいない・女性しかいない」という職場では、「少数の側の異性」がもてはやされる傾向があります。

特に男性が少ない職場の場合、女性社員からちやほやされることが多くなるでしょう。女性からちやほやされて、嫌な気持ちになる人などいません。

単身赴任の場合、妻の監視の目がないことも重なり、軽い気持ちで浮気関係へと発展することがあるのです。

40代、50代の中年男性が、20代の若い子と浮気をするパターンは、こうした職場が圧倒的に多いです。

ストレスがたまりやすい職場

「残業が多い」「ノルマが厳しい」といった職場では、どうしてもストレスが溜まってしまいます。

人間は誰しも、ストレスが溜まっていけば「どうにかして発散したい」と考えるものです。

休みの日に趣味などでうまく発散できればいいですが、女性と遊ぶことでしかストレスを発散できないという人もいるのが事実です。

また、同じ職場では、お互いのストレスもよく理解できてしまいます。特に、単身赴任同士であれば、自然と悩みなどを相談しているうちに距離が近くなりがちです。

そのため、肉体関係の浮気だけでなく「本気になりやすい」傾向があるのです。

単身赴任がきっかけで始まった浮気は、「一時的な寂しさを埋めるため」という理由から、長続きしないと言われています。しかし、一度でも浮気をしてしまえば、元の夫婦関係には戻ることなどできません。いくらあなたが許せたとしても、浮気の快楽を知った男性は、何度でも繰り返すでしょう。

浮気を疑うべき夫の怪しい行動とはどんなもの?

単身赴任中の場合、普段の夫の生活や行動がわからないため、浮気していても気づきにくいのが現状です。

しかし、浮気をすれば必ずどこかに変化が生じるもの。以下のような行動が見られたら、まずは浮気を疑ってみましょう。

妻への連絡が少なくなる・来なくなる

浮気の兆候として最も典型的なものは、「妻への連絡が少なくなる・来なくなる」というものです。

以前は毎日のようにメール(LINE)や電話をしていたのに、数日置きになった場合には浮気を疑うべきです。

「仕事が忙しいから仕方ないか」と思っていると、夫と浮気相手の仲はどんどん親密なものになっていきます。

そうなってしまっては遅いのです。

家に帰ってくる頻度が減る

単身赴任当初は、1ヶ月に1回家に帰ってきたのが、2ヶ月に一度、半年に一度・・・というように、帰る頻度が少なくなるのも浮気の兆候です。

普通に単身赴任をしていれば、妻や家族に会いたくなり、多少の無理をしても家に帰るものです。それをしなくなるということは、「寂しさを埋め合わせる人」が単身赴任先にいると考えるべきでしょう。

ずっと帰ってこないと思ったら、単身赴任先で同棲状態だった、というケースもあるのです。

単身赴任先の話をしなくなるあるいは必要以上に話をする

一般的に人は隠し事がある場合、そのことについての話をしなくなる傾向があります。

浮気をしていれば隠し事がバレないよう、単身赴任先での話そのものをしなくなっていきます。

夫に単身赴任先の話を聞いても、ごまかしたり話題を変えようとしたら、怪しいと思ってください。

逆に、必要以上に単身赴任先の話をするのも「怪しまれないように」という心理から、必死で取り繕っているケースがあります。

どちらにせよ、これまでの夫と比較して、話し方などに変化があれば浮気を疑うべきです。

浮気を見抜くのは、「女性の勘」が何よりも重要です。少しでも違和感があれば、その勘を信じてください。

ファッションなど外見が変わる

今までファッションや外見に無頓着だった夫が、単身赴任をきっかけに気を遣うようになったら女性の存在を疑ってほぼ間違いないでしょう。

特に、30代、40代の男性は若い浮気相手ができると、「少しでも若く見られたい」という心理が働き、これまで以上に外見に気を使うようになります。

ファッションだけでなく、

  • 化粧水を使い始めた
  • 制汗剤や汗拭きシートで匂いに気を遣っている
  • ワックスなどで髪を整える

といった行動も要注意です。

夫が単身赴任先で浮気していると思った時に取るべき手段

夫が単身赴任先で浮気していると思った時に取るべき手段

「私の夫に限って浮気なんてことはない」と思っているあなた。これまで紹介した内容に心当たりはありませんか?

もし思い当たる節があるにもかかわらず、放置しておくのは非常に危険です。

浮気というものは、最初は遊びのつもりでも、時間が経つにつれ浮気相手に本気になっていくものです。

放置しておけば、間違いなく夫婦関係は破綻し、離婚となるでしょう。

単身赴任中の夫に少しでも「浮気の兆候」が見られるのであれば、早急に対処すべきです。

しかし、近くにいない状態では何をすればいいかわからなくて当然です。

では、何から始めればいいのでしょうか。

夫とこまめに連絡を取り合う

何よりも大切なことは、夫とこまめに連絡を取り合うということです。

電話でもメールでも構いません。「あなたのことを待っている」ということを夫に伝えることで、浮気を思い留まってくれる可能性が高くなるでしょう。

ただし、「まさか浮気してないよね?」「今誰といるの?」など、相手を信頼していない話は逆効果になりますので、やってはいけません。

また、1日に何通ものメール(LINE)を強制するなど「束縛的なこと」をすれば、夫の気持ちは離れてしまうのでオススメはできません。

自分の気持ちばかり押し付けるのではなく、さりげなく「あなたのことを思ってる」ということを伝えるようにしましょう。

単身赴任先に遊びに行くことを匂わせておく

連絡と合わせて、「時間できそうだからそっちに行くね」など、単身赴任先に遊びに行くことを匂わせるのも効果的です。

「妻が遊びに来るかもしれない」と思っていれば、浮気心に歯止めがかかり、女性と遊んだりすることを控えるようになるはずです。

この場合も、「浮気してないか確認しに行くから!」などと言うのではなく、

  • あなたに会いたいから時間作って遊びに行くね
  • 体が心配だから料理を作りに行きます

など、相手を気遣うメッセージを添えるのがベストです。

いいですか、夫の浮気を防ぐための特効薬はありません。必要なのは、普段から夫婦間のコミュニケーションを充実させることなのです。

これに勝る対策はないと言っても過言ではないでしょう。

証拠もない段階で問い詰めるのは絶対にNG

もし浮気の兆候があったとしても、すぐに問い詰めるなど、絶対にしないでください。

証拠がなければ夫は必ず言い逃れをします。簡単に認める人など、まずいません。

また、疑われていると感じたら、妻のことを邪魔に感じ、ますます浮気相手に本気になる可能性があります。そうなれば、夫婦関係をやり直すことができなくなるでしょう。

そもそも証拠がなければ「浮気」だと確定することもできません。

「復縁」「離婚・慰謝料請求」どちらの場合も、浮気の証拠は必ず必要なのです。

浮気をしていることが濃厚なら浮気調査で証拠をつかむ!

単身赴任中の夫が浮気の疑いがあるのであれば、探偵に依頼して浮気調査をするのが一番の方法です。

探偵は浮気調査のプロです。疑いの段階で依頼をすれば、白黒はっきりとさせてくれます。

浮気が濃厚であれば、尾行・張り込みをおこなうことで確実に浮気の証拠をつかんでくれるでしょう。

早い段階なら復縁できる可能性も高い

浮気調査は離婚・慰謝料請求だけが目的ではありません。復縁するためにも、浮気調査はとても有効なのです。

浮気をしている夫を証拠もなしに問い詰めても、認めることはないでしょう。しつこく追及すれば、逆ギレして暴力を振るわれる可能性すらあります。

探偵が集めた証拠を見せれば、夫は言い逃れすることはできません。決定的な証拠があれば夫は浮気を認め謝罪してくれるでしょう。さらに、浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。

もし夫があなたに「離婚してくれ」と言ってきた場合は、夫と浮気相手の両方に慰謝料を請求することができます。探偵が集めた証拠なら、相場よりも高い慰謝料を請求することも可能なのです。

浮気を疑った段階ですぐに探偵の力を借りるべき

夫が単身赴任中というだけで妻は心細いものです。その上、浮気の疑いまである場合、不安で仕方がなくなってしまうでしょう。

少しでも夫に浮気の疑いがあるのであれば、探偵に浮気調査を依頼しましょう。

探偵は徹底的に調べ上げてくれます。探偵が調査をすれば、「浮気をしているか・していないか」はっきりさせることができるのです。

もし調査するまででもないと感じていても、探偵に無料相談をすることで、様々な解決策をアドバイスしてくれます。

浮気をしていないことがわかれば、夫の単身赴任も安心して応援することができます。

不安な毎日から解放されるためにも、探偵の力を借りてみませんか。