浮気調査

妻の浮気の兆候はどうやって見抜けばいい?「妻の変化」を見逃してはいけない!

妻の浮気の兆候はどうやって見抜けばいい?「妻の変化」を見逃してはいけない!

浮気は男性に限ったものではありません。特に、ドラマや小説で女性の浮気を描くものが注目を集めました。

それに伴い、妻の浮気調査を探偵に依頼する件数も年々増加しています。

女性の浮気は「本気」になりやすく、浮気が発覚した時にはすでに手遅れ・・・というケースが非常に多くなっています。

そうならないためには、妻の浮気の兆候を見抜き、早めに対処することが大切なのです。

ここでは「妻の浮気の兆候と見抜き方」について徹底的に解説していきます。兆候を見抜くことこそ、浮気調査の第一歩なのです。

浮気の兆候は行動・外見にあらわれる

一般的に、女性は男性に比べ嘘や隠し事がうまく、「女性の浮気はバレにくい」と言われています。

しかし、どんな女性であっても浮気をすれば必ず行動や外見に「変化」があらわれます。

行動や外見にあらわれる浮気の兆候を見抜くことができれば、浮気の証拠を集めやすくなります。

妻の浮気は本気になりやすい?

男性が浮気をする一番の目的は「セックスを楽しむこと」です。

もちろん、女性の中にもセックス目当ての人もいるでしょう。しかし、浮気をするほとんどの女性は「夫に対する不満」が原因となっています。

夫の仕事が忙しいなどの理由から夫婦のコミュニケーションが不足すると、妻は夫に対して不満を持ちます。

この不満が大きくなっていくと、妻は寂しさや孤独を感じ「このまま夫と一緒にいていいのか・・・」という気持ちになり、他の男性で寂しさを埋め合わせようとします。

そのため、妻の浮気は男性に比べ、本気になりやすいのです。

妻が家庭を顧みず浮気相手に本気になってしまえば、夫婦関係を修復することはまず不可能でしょう。そうなる前に、浮気の兆候を見抜き対処する必要があります。

浮気をする妻にあらわれる5つの兆候

浮気をする妻にあらわれる5つの兆候

浮気をする妻にあらわれる兆候として、以下の5つがあげられます。

  1. スマホ(携帯)を手放さない
  2. スキンシップやセックスを拒否する
  3. 夫への態度が変わる
  4. メイクや服装が変わる
  5. 家を空けることが多くなる

これまでのあなたの妻と比較して、当てはまるようであれば浮気を疑うべきです。以下では詳しく解説していきます。

1.スマホ(携帯)を手放さない

スマホ(携帯)は、浮気の兆候が最もわかりやすくあらわれます。以前の妻と比べ、以下のような行動があらわれたら浮気の兆候だと思ってください。

  • 家の中で肌身離さずスマホ(携帯)を持ち歩いている
  • スマホを触る時間が増えた
  • 今までかけていなかったスマホ(携帯)にロックをかけるようになった
  • LINEの通知に名前が出ないように設定している
  • 妻のスマホ(携帯)に触ろうとすると慌てる

スマホ(携帯)は浮気相手との連絡手段であり、浮気に関する証拠が詰まっています。

そのため、夫に絶対にバレないよう常に警戒しているのです。妻のスマホ(携帯)の使い方をよく観察することが、浮気の兆候を見抜くポイントになります。

2.スキンシップやセックスを拒否する

男性は誰とでも平気でセックスやキスをすることができますが、女性はそうではありません。

そのため、妻が浮気をしている場合、「浮気相手の男性以外」からは体を触られたくないと思うようになります。

  • 誘ってもセックスを拒否する
  • 少しでも体に触れると嫌がる
  • これまでしていたキスやハグもしなくなる
  • 同じベットで寝ても距離を取るようになる

こういった行動を妻がとるようになったら浮気の兆候です。絶対に見逃してはいけません。

3.夫への態度が変わる

浮気をする妻は、浮気相手のこと以外考えたくない状態になります。そのため、夫や家庭は「どうでもいいこと」と感じ、冷たくあたるようになります。

これまでと比べ、妻の態度が冷たくなったと感じたら浮気の兆候だと考えてください。

逆に、浮気相手の存在によって、夫や家庭がどうでもいいものと感じるようになると、妻の態度が優しくなる場合もあります。

どちらにせよ、浮気相手という好きな人ができたことで、それ以外のことは気にしなくなるのです。

妻の態度に変化があらわれるようになったら、浮気の兆候だと思ってください。

4.メイクや服装が変わる

妻の浮気の兆候として、メイクや服装といった外見が変わることがあげられます。

妻は浮気相手に気に入られたいと思い、これまで以上にオシャレに気を遣うようになるのです。メイクや服装を相手好みに変えることもあるでしょう。

  • これまでより化粧に時間をかけるようになった
  • 服やアクセサリーなどの買い物が増えた
  • 美容室に行く回数が増えた
  • 香水を変えた・付け始めた
  • ムダ毛の処理をするようになった

このように、妻が急にオシャレを始めたら、それは夫のためではなく、浮気相手のためである可能性が非常に高いのです。

5.家を空けることが多くなる

浮気相手と会う場合、家の近くの場所では知り合いに遭遇するリスクがあります。

そのため、自宅から離れた場所でデートをしなければならないため、家を空けることが多くなるのです。

妻が仕事や友人との約束を理由に、出かけることが増えたら浮気の兆候だと言えるでしょう。

また、家を空けることが多くなると同時に、スマホ(携帯)に連絡してもつながらないことも増えます。そうなれば、浮気していると考えてまず間違いありません。

浮気の兆候があってもやってはいけない行動

浮気の兆候があってもやってはいけない行動

妻の浮気の兆候を見抜いたとしても、以下のような行動は絶対にしてはいけません。

メリットが1つもないどころか、事態を悪化させる原因となります。

問い詰める・しつこく聞く

浮気の兆候が見られたからといって、妻を問い詰めたり、しつこく聞いたりしてはいけません。

証拠がない状態では、妻が浮気を認める可能性はほとんどありません。

問い詰めることで逆ギレし、妻の方から離婚を切り出してくることも考えられます。浮気相手に本気になっていれば、十分にあり得ることです。

監視・束縛しようとする

浮気の兆候があらわれたら「束縛や監視が有効」と思っている方は少なくありません。

しかし、これらはほとんどの場合「逆効果」となります。束縛を厳しくされた妻は、息苦しさを感じ、夫から気持ちが離れ、浮気相手に本気になっていくでしょう。

無理やり妻の気持ちをつなぎとめようとしても、夫婦関係がギクシャクするだけです。

探りを入れるのもリスクが高い

妻の浮気の兆候について、「最近行動が変わったけど何かあったの?」などと探りを入れるのも避けるべきです。

夫に浮気を気づかれたと思った妻は、警戒心を強め、これまでより慎重に浮気をするようになります。

さらに、浮気の証拠についても徹底的に隠滅を図るでしょう。

直接探りを入れなくても、あなたが疑っていると妻が察すれば、同様の行動をとります。女性の勘を侮ってはいけないのです。

妻に浮気の兆候があらわれたらどうすればいい?

妻に浮気の兆候があらわれたとしても、すぐに問い詰めたり、束縛しようとしてはいけません。こうした行動は逆効果にしかならないのです。

では、浮気の兆候が見られたらどうすればいいのでしょうか。

浮気の証拠をつかむために情報収集をする

妻に浮気の兆候があったら、できる範囲で浮気に関する情報を集めていきます。具体的には以下のようなところから調べていきます。

  • 妻の行動記録(帰宅時間やよく家を空ける曜日など)
  • 妻の財布の中(ラブホテルのカードやレシートがないか)
  • TwitterやFacebookなどのSNS
  • 自宅パソコンの履歴

妻のスマホ(携帯)を見ることができれば一番ですが、警戒されているため難しいでしょう。

情報収集は、絶対にバレてはいけません。もしバレてしまえば、疑われた妻は警戒心を強め、二度と浮気の証拠はつかめなくなると考えるべきです。

今後「自分がどうしたいのか」を決めておく

妻の浮気が発覚すれば、復縁するのか、離婚するのか決断しなければなりません。

しかし、浮気が発覚してすぐに決めることなど普通はできないことです。特に、子供がいる場合など考えることが多いでしょう。

そのため、一時的な感情で結論を出すのではなく、じっくりと自分の中で考えるべきです。ノートなどに自分の気持ちを書き出すことで、考えが整理でき、冷静になることができます。

白黒はっきりさせるためには浮気調査が必要

浮気の兆候が妻にあらわれたとしても、「浮気をしていること」が確定したわけではありません。

一時的に妻の行動や態度に変化があっただけ、という場合もあります。

ただ、浮気の兆候があるにもかかわらず、それを放っておけば「取り返しのつかない事態」になる可能性もあるのです。

妻の浮気を白黒はっきりさせるためには、探偵に浮気調査をしてもらうべきなのです。

浮気の証拠をつかみたいなら探偵に浮気調査を依頼すべき

妻に浮気の兆候があらわれたら、早い段階で探偵に浮気調査を依頼することをおすすめします。

探偵ならバレることなく証拠をつかんでくれる

裁判でも認められる浮気の証拠は、「ラブホテルに出入りする写真や動画」といった肉体関係を証明するものでなければなりません。

妻の浮気は「昼間におこなわれる」ケースが多くなっています。

仕事をしていれば、頻繁に休みを取って自分で調査することなどできません。そもそも機材や技術がない素人が撮影することは難しいでしょう。

浮気調査のプロである探偵は、尾行・張り込みの技術を身につけ、高性能の撮影機材を使用します。そのため、バレることなく確実に証拠となる写真や動画を撮影することができます。

探偵が集めた証拠があれば、相場よりも高い慰謝料を請求することが可能です。

仮に妻が浮気をしていなかった場合でも、徹底的に調べた上で「浮気の疑いなし」と結論付けてくれます。探偵が妻の浮気について、白黒はっきりさせてくれるのです。

復縁・離婚どちらの場合も証拠は必要

妻の浮気が発覚しても様々な事情を考慮し、復縁を望む人は大勢います。しかし、浮気の事実をうやむやにされたり、浮気相手とつながった状態では復縁などできるはずがありません。

「浮気相手と別れ、心から謝罪・反省」がなければ、妻とのやり直しなど考えられないでしょう。

探偵事務所には、数々の夫婦を復縁に導いてきた専門カウンセラーがいます。あなたの悩み相談だけでなく、浮気をした妻のカウンセリングなど、復縁を全面的にサポートしてくれます。

復縁を望む人こそ、探偵に浮気調査を依頼するのです。浮気に悩む人をトータルサポートできるのは探偵だけです。

無料相談では、費用や調査内容の相談はもちろん、浮気に関して様々なアドバイスを聞くことができます。平日夜間や休日でも無料相談は可能です。お気軽にご相談ください。


浮気調査の実績多数!信頼できる探偵事務所

総合探偵社TSはこちら

\ 今すぐ電話で無料相談 /
0120-304-029