浮気調査

別居中に不倫(不貞行為)が発覚!相手に慰謝料を請求できる?

別居中に不倫(不貞行為)が発覚!相手に慰謝料を請求できる?

たとえ夫婦の仲が悪くなっても、いきなり「離婚」という選択をする人は多くありません。

少し距離を取り、冷静に考えるためにも「別居」する人もいます。

それ以外にも、仕事などのやむを得ない事情で別居する人もいるでしょう。

夫婦の別居中に配偶者(パートナー)が不倫をしたとしたら・・・考えたくもないことですが、実は不倫発覚の多いパターンでもあります。

こうした場合には、不倫相手に慰謝料を請求できるのでしょうか。

この記事では、別居中に不倫が発覚した場合の慰謝料について解説していきます。慰謝料を請求するためには、「事前の準備」がとても大切になってくるのです。

別居中の不倫(不貞行為)は、慰謝料請求の対象になる?

別居中に悩み苦しんでいるときに、配偶者(パートナー)が不倫を楽しんでいるなんて、こんな腹の立つことはありません。

不倫があったのであれば、慰謝料を請求したいと思うのは当然。

しかし、別居中の不倫は必ず慰謝料が請求できるわけではないのです。

ポイントは「夫婦関係が破たんしているかどうか」

別居中の不倫で慰謝料が発生するには、「夫婦関係が破綻しているかどうか」が重要なポイントになります。

そもそも不倫(不貞行為)で慰謝料が発生する理由は、「不倫によって夫婦関係が壊れた」からです。

その精神的苦痛に対して、慰謝料は支払われます。

もともと夫婦関係が破たんし、別居に至ったケースでは、不倫は関係ないと判断されてしまいます。

慰謝料を請求したいのであれば、別居していても「夫婦関係は破綻していない」ということを示す必要があります。

そのためには、別居に至った理由が大切になってきます。

「慰謝料請求が可能」な別居理由とは

「慰謝料請求が可能」な別居理由とは

夫婦が別居するには、様々な理由がありますが、以下の2つが理由ではあれば、慰謝料請求ができるでしょう。

1.単身赴任など「正当な理由」がある別居

  • 仕事の転勤で仕方なく単身赴任をする
  • 親の介護があるため、実家で暮らさざるを得ない

などのケースでは、正当な理由による別居であるため、「夫婦関係が破綻した」とは見なされません。

不倫が発覚すれば、当然不倫相手に慰謝料を請求することが可能です。

2.離婚を前提としていない別居

夫婦の仲は良くないけれども、お互い冷静に考えるため「距離を置く」という別居のパターンがあります。

もし別居理由がこれに該当するのであれば、夫婦関係が破綻しているとは言えません。

たとえパートナーが離婚したいと思っていても、「別居を始めた段階」では明確な「離婚の意思がない」から慰謝料請求は可能なのです。

ただし!別居期間が長い場合は要注意

夫婦関係が破綻していない場合や離婚を前提としていない別居であっても、「期間が長い場合」は注意してください。

期間に特別な決まりなどはありませんが、目安としては「別居期間5年前後」です。

5年前後の別居期間があれば、夫婦関係が破綻していると見なされてしまいます。

この期間はあくまでも目安であるため、ギリギリにならないよう気づいた段階で行動するべきです。

不倫は別居してから始まった?疑うあなたは正しい!

たしかに、別居すれば家で待つ人がいないため、ハメを外す機会が多くなります。

しかし、別居してから都合よく不倫相手と付き合う人ばかりではないのです。

「別居前から」関係があるケースがほとんど

実は、別居中の不倫では、「別居してから出会った」というケースばかりではありません。

実は、別居前から関係があったということも多いのです。

別居する段階では内緒にしておき、別居後に心置きなく不貞行為を楽しむ、といった具合です。

そのため、徹底的に調べあげれば、「別居前から関係があった」という証拠が掴める可能性があるのです。

別居中の証拠集めなら探偵に相談・依頼するのがベスト!

別居中の証拠集めなら探偵に相談・依頼するのがベスト!

別居中に不倫の疑いがあるなら、今すぐ探偵に相談してみてください。

本気で慰謝料請求を考えているなら、プロの力を借りるべきなのです。

身辺調査をすれば「いつから」不倫しているのかわかります

探偵がおこなう調査の中に、「身辺調査」というものがあります。

身辺調査では「対象者に関する情報」、たとえば、

  • 経歴
  • 生活状況
  • 資産状況
  • 交友関係
  • 勤務先
  • 近所での評判 など

あらゆることがわかります。

当然、あなたのパートナーと「いつ出会い、関係があったのか」も調べ上げることができます。

「探偵の調査力」は、あなたの想像をはるかに超えているのです。

慰謝料請求に必要な「証拠集め」もばっちり

慰謝料を請求するには、「不倫(不貞行為)の決定的な証拠」が必要です。

しかし、別居中の相手の行動パターンをつかみ、写真や動画の証拠を集めるなど、まず不可能です。

あなたにも生活があります。常に相手を見張っているわけにはいきません。

確実に証拠をつかむには、探偵に相談・依頼をしてください。尾行・張り込みを駆使し、「慰謝料に必要な証拠」を確実につかんでくれます。

別居してから長い時間が経過すれば、「婚姻関係が破綻している」と見なされ、慰謝料請求が認められなくなるでしょう。

探偵に相談することで、過去の事例をもとに「今の段階で慰謝料請求が可能かどうか」を教えてくれます。

手遅れにならないためにも、今すぐ無料相談から始めてください。


浮気調査の実績多数!信頼できる探偵事務所

総合探偵社TSはこちら

\ 今すぐ電話で無料相談 /
0120-304-029