浮気

浮気をした旦那(夫)に制裁を!一番効果的な方法は?

浮気をした旦那(夫)に制裁を!一番効果的な方法は?

愛する旦那(夫)の浮気が発覚したら、あなたはどうしますか?

当然、浮気をした旦那をすぐに許すことなどできないでしょう。

二度と浮気をさせないよう、制裁を加えたいと思うものです。

もちろん、浮気をした旦那・浮気相手が悪いことには変わりありませんが、何をしてもいいというわけではありません。

この記事では、浮気をした旦那への制裁方法についてご紹介していきます。もっとも効果的な制裁方法は「浮気の証拠を集める」ということなのです。

浮気をした旦那への制裁は何が効果的?

「浮気をした旦那に制裁を加えたい!」

愛する旦那に裏切られたのであれば、当然の気持ちです。

ただ、制裁をするとしても、何をすればいいのかわからない人も多いはず。

では、何をするのが一番効果的な制裁になるのでしょうか。

「浮気の証拠」を集めることが一番の制裁

浮気をした旦那への制裁として、最も効果的なのは「証拠を集めること」です。

そもそも、証拠がない状態で相手に制裁を与えようとしても、言い逃れをするのは目に見えています。

そのため、誰がどうみても浮気をしているという決定的な証拠を集める必要があります。

浮気の証拠とは、「不貞行為(肉体関係)を証明する写真や動画」のことです。

もちろん、浮気相手(と思われる人)とのメールや通話履歴なども、証拠にはなります。

しかし、いくらでも言い訳ができてしまうため、決定的な証拠とは言えないのです。

ラブホテルに出入りしている写真や動画を見せれば、誰も言い訳などできなくなります。

なぜ証拠が一番の制裁になるのか

なぜ証拠が一番の制裁になるのか

旦那に浮気をされた場合、他のサイトには「ブランド品などを買ってもらう」などの制裁が目立ちます。

もちろん、これで気が済むのならいいでしょう。

しかし、一時的に気が紛れても、根本的な解決にはなりません。

あとになって、旦那と話し合おうにも「もうプレゼント買ったから、浮気はチャラでしょ?」などと言ってくるケースを私は知っています。

証拠があれば「あなたの本気」を示せる

浮気の証拠とは、不貞行為(肉体関係)を証明するものです。

具体的には、ラブホテルに出入りする写真や動画を指します。

これらを集めるのは、簡単なことではありません。

探偵に浮気調査を依頼すれば、確実に証拠を集められるでしょう。

自分でやる場合は、尾行や張り込み、証拠撮影まですることになります。

どちらにせよ、「集められた証拠」を見せれば、あなたが本気で浮気問題を解決したいということを示せるのです。

まだあなたを愛する気持ちが旦那にあれば、心から反省し、浮気相手と別れてくれるでしょう。

もし証拠を見せても、旦那の気持ちが変わらないのなら、離婚という手段をとるしかありません。

こうなってしまったら、非常に残念なことではあります。

しかし、証拠があれば「有利な条件」で離婚交渉を進めることが可能になります。

浮気相手に慰謝料請求もできる

旦那だけでなく、浮気相手に制裁をしたいというのは当然の考えでしょう。

ただ、顔も見たくない浮気相手に謝罪されても、制裁をした気になどなれません。

そこで、浮気相手に対する制裁でもっとも効果的なのは、「慰謝料を請求すること」です。

証拠により「継続的な関係」を証明できれば、慰謝料請求が可能です。

もちろん、お金を受け取っても完全に気持ちがすっきりするわけではないでしょう。

しかし、浮気相手に金銭的なダメージを与えることは、合法的かつもっとも効果的な制裁方法なのです。

こんな制裁はNG!絶対にやってはいけないこと

こんな制裁はNG!絶対にやってはいけないこと

浮気をした旦那が許せないのは当然です。

だからといって何をしてもいいというわけではないのです。

以下で紹介する制裁は絶対にやってはいけません。

1.暴力を振るう・問い詰める

感情的になり、旦那や浮気相手に暴力を振るってしまう・・・というのはドラマだけの話だと思っていませんか。

浮気がきっかけで、刑事事件に発展することはよくあることです。

つい感情的になり、あなたが手を出せば、たとえ相手に怪我がなかったとしても「暴行罪」が適用されます。

訴えられてしまえば、間違いなくあなたが負けることになるでしょう。

また、「旦那を問い詰める」ということもやるべきではありません。

冷静な話し合いはとても大切ですが、問い詰めるという行為は、相手の逃げ道を塞ぐことになります。

そうなれば、旦那の気持ちはますますあなたから離れ、復縁の可能性は「ゼロ」になるだけです。

2.会社など周りの人間に言いふらす

旦那や浮気相手の会社、家族、友人などに対し、浮気をしたことを言いふらすこともしてはいけません。

たしかに、浮気をした当事者たちは、社会的な制裁を受けることになります。

しかし、これにより会社に居づらくなることは明らかであり、今後のあなた自身の生活に支障をきたすことにもなりかねません。

また、やり過ぎればあなたが「名誉毀損」として相手から訴えられる可能性もあります。

直接言いふらさなかったとしても、「SNSなどに書き込む」といったインターネットでの公表も同じことなので、絶対にやめてください。

3.自分も浮気をする

旦那への仕返しとして、「自分も浮気をする」という人がいます。

当たり前ですが、こんなことをしても何の解決にもなりません。

「一時的に気持ちが満足すればいい」と考える人もいるでしょう。

しかし、こんなことをして気持ちがすっきりするわけがありません。

自分も浮気をするなど、私は「もっとも愚かな行為」だと思っています。

お互いに浮気などすれば、夫婦関係は破綻します。その先に待っているのは、泥沼の離婚だけです。

制裁を加えるどころの話ではないのです。

制裁は「長い目」で見ることも必要

旦那に制裁を加えたいのであれば、できるだけ自分に降りかかるリスクを抑えることが大切です。

制裁を加えたいということは、まだ旦那に対する気持ちが残っており、復縁をしたいという気持ちがあると考えられます。

そのため、制裁をやり過ぎれば、夫婦関係が破綻してしまうのです。

そうなってしまえば、夫婦関係など続けることはできません。

たとえ別れるとしても、すぐに「離婚」とはならず、財産分与や親権、慰謝料など様々な話し合いをしていかなければならないのです。

今後も旦那との関係は続いていくと考えた上で制裁をおこなうべきでしょう。

浮気の制裁は「合法的」にやることが重要

愛する旦那の浮気がわかれば、感情的になるのは当然のことです。

しかし、旦那が浮気をしたからといって、何をしてもいいわけではないのです。

あらゆる感情を、相手にぶつけたい気持ちは十分わかります。

ただ、そんなことをしても何一つ良いことはありません。復縁を考えているのであればなおさらです。

浮気の制裁は証拠をつかんだうえで、合法的な手段でやらなければなりません。

探偵の無料相談で「制裁の実例」を聞いてみましょう

浮気の証拠をつかむためには、探偵に浮気調査を依頼するのが確実かつ安全な方法です。

自分でやろうとしても、相手にバレたり、肝心の浮気現場を撮影できないなど、失敗することが多いからです。

ただ、「浮気調査は高額だから・・・」と躊躇する気持ちもよくわかります。

そこで、私は探偵に無料相談だけでもするようにオススメしています。

探偵はこれまで何千、何万という夫婦の浮気を見てきた「浮気問題のプロ」です。

そのため、浮気や旦那のタイプに合わせ「どのような制裁がもっとも効果的なのか」を熟知しています。

探偵に無料相談をすれば、ネットを探しても出てこない「浮気制裁の実例」を紹介してくれるでしょう。

たとえ依頼しなくても、浮気に悩む人にとって無料相談は「有効な手段」なのです。

探偵なら、あなたにとってのもっとも良い解決方法をアドバイスしてくれるでしょう。